« 尾瀬へ行ってきました! | トップページ | 秋と言えば・・・栗!! »

2007年10月10日 (水)

遺してくれたもの

久しぶりの更新になりました。

この三連休には色々なことがあり、心も体も忙しい週末でした。

10月4日に私の祖母が永眠しました。

明治43年生まれの97歳。大往生でした。

祖母は、温厚な人柄でいつも感謝の気持ちを忘れず、病院で入院していた時でさえもお見舞いに来る親族や病院のスタッフにも”ありがとう”と声をかけていました。

遺族はみな同じ気持ちでいたのか、悲しい中にもどこか温かいものを感じる雰囲気がありました。

葬儀が終わってここ数日の間、西の空に虹を見た、ピンク色の雲を見たと言う親戚の声がありました。私はというと、、、

西の空にキン斗雲?!みたいな雲を見ました!!西の空は、浄土の方向なのだとか。

おばあちゃんは、みんなに”天国へ行ったよ”と伝えたんだね~と話しました。

おばあちゃんは、しじみのみそ汁を作る時にも、じわじわ茹でるとしじみが可哀想だからと言って、熱湯で茹でていたという話しを母から聞いたことがあります。

そんな優しい心を持ったおばあちゃん。今頃、空から笑顔で私たちを見守ってくれていると思います。

”おばあちゃん、お疲れ様。おばあちゃんの遺してくれたもの・・・謙虚さ、優しさ、感謝の気持ち・・・一人一人受け継いでいきます”

|

« 尾瀬へ行ってきました! | トップページ | 秋と言えば・・・栗!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾瀬へ行ってきました! | トップページ | 秋と言えば・・・栗!! »