« ホワイトプラン@その後 | トップページ | マジックソープ »

2008年1月20日 (日)

マンションのディスポーザー

最近、ノロウィルスがまた流行ってきたみたいデスね?!

さて、マンションの広告を見ていると、IHクッキングヒーターとディスポーザーをPRしているものって結構多いですよね。
私たちが住んでいるマンションも、IHクッキングヒーターではないものの、ディスポーザーは設置されていいます。

このディスポーザーですが・・・

結構、維持管理費用がかかるみたいです。

まず、ディスポーザーには、砕いた生ゴミが①直接排水されるタイプと、②一度地下の排水処理槽等で処理してから、その排水を下水道へ流すシステムがあるようです。

ですが、直接排水されるものは、下水管がつまったり、悪臭を放つことから基本的に自治体は、自粛または禁止しているようです。(※参考:東京都下水道局)

これだけの排水処理システム(※参考)を戸建てに作るのは大変ですから、戸建てには普及しないのでしょうね。

下水が整備されていない地域ではバキュームカーで汲み取りを行いますが、ディスポーザーの処理槽も同じように、バクテリアで処理しきれなかった汚泥などを何年かに一度汲み取りしなくてはならないようです。

また、地下ということもあり、湿気が非常に多いので強い風を常に送っていて、そのファンも交換していかなくてはならないようです。

ディスポーザー自体がまだ日本では歴史が浅い(1980年頃から導入されていますが、下水処理に負担がかかるなどの理由で普及してないようです。)ものなので、取り扱っている会社も30年間の長期修繕計画の実績がなく、おおよその目安は付けているようですが、実際どれくらいの費用がかかるのかは、正直なところ分からないというのが現状のようです。

取り扱っている会社が少ない=競争が少ない=価格が高くなりますよね・・・

また、ディスポーザーの取扱説明書には、『繊維質の多い皮(タケノコの皮など。)、貝殻、スペアリブなどの骨は、処理できません』と記載されていますが、(実際は、タマネギ、バナナも、枝豆も×)どこにも記載されていない「卵のカラ」も、実際には、配管に詰まる、カルシウム成分が貯水槽で分解されないなどの問題もあるようです。


電化製品でもそうですが、新製品というのはまだ問題点が分かっていないことが多いのですよね。IHクッキングヒーターも、使ってみたら何らかの問題があるのかな?

ディスポーザーは、ゴミの減量などから環境に良いと言う意見と、下水処理に負担がかかり悪いと言う意見が分かれているようです()が、ゴミの問題も下水の問題もどちらも大事です。

改良された商品が出てくるとイイですね。

|

« ホワイトプラン@その後 | トップページ | マジックソープ »

コメント

sayaさん、お久しぶりです!
大変ご挨拶遅れましたが、今年もよろしくお願いします☆
ディスポーザー、わたしもいいなーって思ってたんですけど、家(といってもまだ出来てませんが)のシンクだと合わないようで、あきらめました。問題点もあるんですねぇ。マンションだと標準装備なところがけっこうありますよね。
IHはうち導入しますから、感想レポしますね~♪

投稿: mahina | 2008年1月22日 (火) 21時25分

mahinaさん、こちらこそご挨拶ができておりませんで、今年もヨロシクお願いします。
ディスポーザーはゴミの臭いや小バエなどで悩むこともなく便利なのですが、まだ問題もあるようです。
新居はいつ完成ですか?楽しみにしています!

投稿: さや | 2008年1月23日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホワイトプラン@その後 | トップページ | マジックソープ »